完全30からのスキンケアマニュアル 改訂版

ヒマなアラフォー主婦がいつまでも若々しさを保つために色々調べたきれいになるための情報を書いています。

今日も暇なので美しさを作る方法の事をまとめてみる。

本日色々集めていた情報ですが、「保湿の大切なポイントと言えるのは角質層に適度に水分が保持されていることです。保湿成分がたっぷりと配合された化粧水で角質層を隅々までうるおし、加えた水分量が蒸発しないように、乳液やクリームをつけることで油分によるふたをします。」だと提言されている模様です。

さらに私は「プラセンタ配合の美容液と聞けば、アンチエイジング効果や絶大な美白効果などの印象の方がより強い美肌用の美容液ですが、赤みが目立つニキビの炎症をきちんと鎮めて、凹凸のあるニキビ痕にも有効に働きかけるとメディアや雑誌で話題沸騰中です。」な、いわれているみたいです。

私がネットでみてみた情報では、「流通しているプラセンタの原料には使用される動物の違いだけではなくて更に、国産と外国産が存在します。シビアな衛生管理状況下でプラセンタを製造していますので安全性を考えるなら当然ながら日本産です」な、いう人が多いらしいです。

私がネットで集めていた情報ですが、「一般的な大人の肌トラブルを引き起こす原因の多くはコラーゲンが足りないことによると考えられます。真皮のコラーゲン量は年を追うごとに低下し、40歳代の時点で20代の時期のおよそ5割程度しかコラーゲンを生成できなくなってしまいます。」だといわれているそうです。

つまり、元来ヒアルロン酸は人の体内のあらゆるところにある成分で、並外れて水を抱える秀でた特性を持つ生体由来の化合物で、驚くほどたくさんの水を貯めておく性質があることが知られています。」な、提言されているそうです。

本日サーチエンジンで探した限りですが、「化粧水が発揮する大切な働きは、潤いを与えることよりも、肌が持つ本来のうるおう力が有効に働いてくれるように、表皮の環境を調整していくことです。」な、解釈されていると、思います。

そうかと思うと、私は「もともと美容液には、美白あるいは保湿などといった肌に有効に働きかける美容成分が高い濃度になるように入っているせいで、その外の基礎化粧品と照らし合わせると製品価格も少しだけ高めに設定されています。」のように考えられているようです。

今日検索でみてみた情報では、「美容液を使用しなくても、美しい肌を維持できるのであれば、何の問題もないと断定できますが、「なにか物足りなくて少し不安」などと思うのであれば、いつでも取り入れるようにしてみてはどうでしょうか。」な、解釈されているそうです。

そのため、美容液を使ったから、誰もが間違いなく色白になれるということにはならないのです。通常の確実な日焼け対策も必要です。できる限り日焼けをせずに済むための工夫を予めしておきましょう。」と、提言されていると、思います。

ともあれ今日は「心に留めておいていただきたいのは「たくさんの汗が滲んでいる状態で急いで化粧水を顔につけない」ようにということ。ベタベタした汗と化粧水が一緒になると肌に思わぬ損傷を与えるかもしれません。」だと解釈されているそうです。