完全30からのスキンケアマニュアル 改訂版

ヒマなアラフォー主婦がいつまでも若々しさを保つために色々調べたきれいになるための情報を書いています。

いまさらながらすべすべ素肌を保つ対策を綴ってみました

素人ですが、ネットで調べた限りでは、「皮膚の一番外側にある表皮には、ケラチンという硬いタンパク質より形成された角質層といわれる膜が存在します。この角質層を構成する細胞の間を充填しているのが「セラミド」と名付けられたスフィンゴ脂質という特殊な脂質の一つです。」のように結論されていとの事です。

素人ですが、検索でみてみた情報では、「セラミドとは人の皮膚表面において外側から入る刺激を阻む防護壁的な機能を担っており、角質層のバリア機能という重要な働きを担当している皮膚の角層部分にある非常に大切な成分のことであるのです。」のように解釈されているようです。

私がサイトで調べた限りでは、「プラセンタ入り美容液には表皮の細胞分裂を促す効力があり、肌の代謝のリズムを健全化させ、悩みのシミが薄くなったり小さくなったりするなどの美白効果が現在とても期待されています。」と、解釈されているそうです。

本日検索で集めていた情報ですが、「とりあえず美容液は肌を保湿する作用をきちんと持ち合わせていることがとても大事なので、保湿する成分がどの程度含まれているが自分の目で確かめることが大切です。多くの製品の中には保湿だけに集中しているものもあるのです。」だと結論されてい模様です。

素人ですが、サイトで調べた限りでは、「ヒアルロン酸の保水する作用に関することでも、角質層においてセラミドが効率よく肌を守る防壁機能をサポートしてくれれば、肌の水分保持能力がアップし、瑞々しく潤った肌を維持することが可能なのです。」だという人が多いそうです。

再び私は「1gで6リッターの水分を巻き込むことができるという特徴を持つヒアルロン酸は、皮膚やその他数多くの箇所に含有されており、皮膚の中では真皮層内に多量にあるという特質があげられます。」と、いわれている模様です。

本日色々調べた限りでは、「食品から摂取され体内に入ったセラミドは生体内で分解され他の成分に変わってしまいますが、その成分が皮膚に達することでセラミドの生合成が開始され、表皮のセラミド生成量が次第に増えると発表されています。」のように考えられていると、思います。

このため私は、「、コラーゲンという物質は伸縮性に富む繊維性タンパク質の一種で細胞と細胞を結び合わせる機能を果たし、保湿成分であるヒアルロン酸は繊維状にくっついて構成されたコラーゲンの隙間に存在することで、水分の蒸散を防ぎます。」と、提言されているそうです。

本日色々みてみた情報では、「美容液とは基礎化粧品中のひとつであって、洗顔の後に、化粧水で十分な水分を浸透させた後の皮膚に塗布するというのがごく基本的な使い方でしょう。乳液タイプになっているものやジェルタイプになっているものなどとりどりのタイプが上げられます。」な、考えられていると、思います。

さらに今日は「最近注目されているプラセンタが基礎化粧品や健康食品・サプリメントに有用な成分として使われているのはとてもよく知られていて、新しい細胞を作り出し、新陳代謝を亢進させる能力により、美肌や健康維持にその効果を十分に発揮します。」だと考えられているみたいです。