完全30からのスキンケアマニュアル 改訂版

ヒマなアラフォー主婦がいつまでも若々しさを保つために色々調べたきれいになるための情報を書いています。

本日もダラダラしてますがすべすべ素肌を保つケアの情報を綴ってみました。

素人ですが、サーチエンジンでみてみた情報では、「皮膚の上層には、硬いケラチンタンパク質より構成された角質層という膜で覆われた層があります。その角質層の細胞の間をモルタルのように埋めているのが話題の「セラミド」と呼ばれるスフィンゴ脂質という特殊な脂質の一種です。」と、結論されていようです。

なんとなく書物で探した限りですが、「20歳過ぎてからの肌トラブルが起きる要因の多くはコラーゲンが不十分であることによるといわれています。真皮のコラーゲン量は年ごとに減少し、40歳代ともなれば20歳代の時期の約5割程度しかコラーゲンを生成できなくなってしまいます。」のように解釈されているみたいです。

それはそうと私は「心に留めておいていただきたいのは「面倒だからと汗が吹き出たままの状態で、無頓着に化粧水を塗ってしまわない」ことなのです。汗の成分と化粧水が混ざり合うと肌に不快な影響を与える可能性があります。」と、解釈されていると、思います。

それならば、 ヒアルロン酸とは元来身体全体の至る部分に広範に存在する、ヌルっとした高い粘稠性の液体のことであり、生化学的に表せばムコ多糖類の中の一種であると言うことができます。」のように考えられているみたいです。

今日文献で調べた限りでは、「保湿のキーポイントは角質層に水分が行き割ることです。保湿成分がたっぷりと使用された化粧水で角質層を水分で満たし、追加した水分量が逃げていかないように、乳液やクリームなどをつけることによってオイル分によるふたをしておきましょう。」な、公表されているみたいです。

そのために、 セラミドを食品・食材やサプリメントなどの内部からと、美肌用基礎化粧品などの外部から摂ることを実行することによって、非常に効率よく理想とする状態の肌へと導いていくことが実現できるいわれているのです。」のように結論されていらしいです。

私がサーチエンジンで調べた限りでは、「肌のアンチエイジング対策としてはとりあえず保湿と柔らかな潤いを甦らせるということが重要ですお肌に大量の水分を確保することで、肌が持つ防護機能が完璧に働くのです。」と、提言されている模様です。

なんとなく書物で探した限りですが、「化粧水を顔に塗布する際に「手でなじませる」グループと「コットンを使う」派に大きく分かれますが、結論的にはその化粧水のメーカーが最も推奨するスタイルで用いることをまずは奨励します。」のように考えられていると、思います。

素人ですが、ネットで探した限りですが、「注目のプラセンタ美容液には表皮の細胞分裂を促す薬理作用があり、肌の新陳代謝を正しい状態に整え、メラニン色素が沈着てできたシミが薄く小さくなるなどのシミ取り作用が期待されます。」だと提言されているとの事です。

なんとなく検索で調べた限りでは、「保湿への手入れと同時に美白のためのスキンケアをも実行することにより、乾燥から生じる多種多様な肌のトラブルの負のスパイラルを断ち切り、効率的に美白のお手入れが実施できるはずです。」と、解釈されていると、思います。