完全30からのスキンケアマニュアル 改訂版

ヒマなアラフォー主婦がいつまでも若々しさを保つために色々調べたきれいになるための情報を書いています。

とりあえずマイナス5歳肌になる方法の事を綴ってみました。

さて、最近は「紫外線にさらされた後に一番にやってほしいこと。何と言っても、たっぷりの保湿をすることです。この保湿が何よりも重要なものなのです。更に、日焼けをした直後に限定するのではなく、保湿は日課として毎日行った方がいいです。」と、考えられているらしいです。

本日検索で調べた限りでは、「最近耳にする美容成分セラミドは、肌のターンオーバーの過程で生み出される“細胞間脂質”であり、約3%の水を抱えて、角質層の細胞と細胞をセメントのようにつなぎとめる重要な役割があるのです。」と、結論されていとの事です。

そこで「開いてしまった毛穴のケア方法をリサーチしたところ、「毛穴引き締め効果の高い化粧水などを使って対処している」など、化粧水の力でケアを実施している女性は質問に答えてくれた人全体の2.5割くらいにとどまってしまいました。」のようにいう人が多いみたいです。

そのために、 多くの女性が洗顔後にほぼ連日使うのが当たり前となっている“化粧水”。であるからこそ化粧水そのものにはなるべく気を付ける必要がありますが、真夏の暑い時期に非常に気になる“毛穴”ケアに関しても品質の良い化粧水は効果的と言えます。」な、結論されていようです。

まずは「若さのある健やかな状態の肌にはセラミドが十分に含有されており、肌も水分たっぷりでしっとりなめらかです。しかし残念なことに、年齢に伴ってセラミド量は低減していきます。」だと解釈されていると、思います。

なんとなくサイトでみてみた情報では、「化粧水を吸収させる際に、目安として100回手で優しくパッティングするという指導を耳にしたことがあるかもしれませんが、この手法はやらない方がいいです。季節要因などで肌が敏感になっている時には毛細血管の損傷が起こり頬が赤くなる「赤ら顔」の要因になる可能性があります。」な、いう人が多いらしいです。

素人ですが、文献で集めていた情報ですが、「セラミドは角質層を守るために必須の成分であることが明白なので、加齢により老化した肌やアトピー性皮膚炎で乾燥しがちな肌にはセラミドの積極的な追加は極力欠かしてはいけない手段だと思われます。」と、結論されていらしいです。

私がサイトで調べた限りでは、「美容液という名のアイテムは基礎化粧品中のひとつであって、石鹸などで顔を洗った後に化粧水で水分を十分に補給した後の肌につけるのが代表的です。乳液状の製品形態となっているものやジェルタイプなど多彩な種類があります。」のようにいわれているとの事です。

なんとなく色々探した限りですが、「美白ケアの場合に、保湿を心がけることがとても重要だという件にはちゃんとした理由が存在するのです。その内容を説明すると、「乾燥により知らないうちに損傷を受けた肌は、紫外線からの影響に弱くなっている」という実態だからです。」のように結論されていらしいです。

素人ですが、文献で探した限りですが、「保湿の大切なポイントと言えるのは角質層に水分が行き割ることです。保湿成分がふんだんに含まれた化粧水で角質層を水分で満たし、補充した水分量が失われないように、乳液とかクリームなどを活用して油分によるふたをして水分を閉じ込めるといいでしょう。」のように提言されているそうです。