完全30からのスキンケアマニュアル 改訂版

ヒマなアラフォー主婦がいつまでも若々しさを保つために色々調べたきれいになるための情報を書いています。

今日もくだらないですが、愛され素肌ケアの事を書いてみます。

素人ですが、色々集めていた情報ですが、「可能なら、十分な効能を期待するならヒアルロン酸を1日約200mg超身体に取り込むことが一番なのですが、ヒアルロン酸を含む食品や食材は非常にわずかで、日常の食生活において体内に取り込むというのは大変なのです。」と、結論されていとの事です。

素人ですが、サーチエンジンで調べた限りでは、「中でも特に乾燥により水分不足の皮膚の状態で悩んでいるならば、身体に必要なコラーゲンが十分に補充されていれば、必要な水分が保たれますから、ドライ肌対策にだって十分なり得るのです」と、いう人が多いみたいです。

それはそうと今日は「歳をとったり強烈な紫外線に曝露されたりすることにより、体内のあらゆる箇所に存在するコラーゲンは硬くなってしまったり体内含有量が低下したりするのです。これらのことが、老け顔の元凶である皮膚のたるみやシワが生まれる要因となるのです。」な、解釈されているとの事です。

私がサーチエンジンで集めていた情報ですが、「化粧水を浸透させる際に目安として100回掌で万遍なくパッティングするという話がありますが、この方法はやらない方がいいです。肌が過敏な状態の時には毛細血管が破壊され毛細血管拡張症(赤ら顔)のもとになります。」のように公表されているみたいです。

ちなみに今日は「洗顔の後は時間とともに化粧水の肌への吸収率は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも肌の水分が少ない状態になるので、短時間のうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をつけておかないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。」な、提言されているらしいです。

たとえば今日は「セラミドは角質層の健康を守るために必須の成分のため、老化が気になる肌やアトピーで敏感になった肌にはセラミドの継続的な補給は何とか欠かしたくないケアの1つだと断言します。」な、結論されていそうです。

ともあれ今日は「水以外の人の身体の約5割はタンパク質により作られ、そのうちのおよそ3〜4割がコラーゲンとなっています。コラーゲンの重要な役割として知られているのは身体の皮膚や筋肉、内臓、骨、関節などを構築する構造材となって利用されるという点です。」だと提言されている模様です。

素人ですが、検索で調べた限りでは、「コラーゲンという生体化合物は、アンチエイジングと健康を持続するためになくてはならないとても重要な栄養素です。健康な身体に非常に重要な栄養素であるコラーゲンは、細胞の代謝が遅くなってくるようになったら十分に補給する必要が生じます。」と、結論されていようです。

一方、老化によるヒアルロン酸保有量の低下は、肌の潤いを大きくダウンさせるのみではなく、肌のハリも奪い気になる乾燥肌やシミ、しわが作られる主な原因の一つ となってしまう可能性があります。」と、解釈されていると、思います。

なんとなくサーチエンジンで調べた限りでは、「心に留めておいていただきたいのは「止まらないからといって汗が吹き出たままの状態で、あわてて化粧水をつけてしまわない」ようにすることなのです。塩分や老廃物を含んだ汗と化粧水が混じり合うと肌にちょっとした損傷を及ぼす可能性があります。」と、考えられているようです。