完全30からのスキンケアマニュアル 改訂版

ヒマなアラフォー主婦がいつまでも若々しさを保つために色々調べたきれいになるための情報を書いています。

暇なのでお肌のケアの事を書いてみる。

私がネットで集めていた情報ですが、「肌にもともと備わっているバリア機能で潤いを保とうと肌は一生懸命なのですが、その大事な働きは年齢を積み重ねるにつれて弱くなるので、スキンケアによる保湿でそれを追加することが必要になります。」のようにいわれているらしいです。

私がサーチエンジンで集めていた情報ですが、「健康で瑞々しい美肌を保つには、たくさんの種類のビタミン類を食事などで摂ることが必要なのですが、実のところ皮膚組織同士を結びつける必要不可欠な役割を持つコラーゲンを体内で合成するためにも絶対になくてはならないものなのです。」のように考えられているとの事です。

今日サイトで集めていた情報ですが、「コラーゲンという成分は高い柔軟性を有する繊維状で存在する組織で細胞と細胞を着実にと結びつけることをする機能を果たし、高い保水力を持つヒアルロン酸は繊維状に結合して構成されたコラーゲンの隙間に存在して、水分の欠乏を阻止するのです。」と、考えられている模様です。

素人ですが、サイトで集めていた情報ですが、「10〜20歳代の健やかな状態の皮膚には豊富なセラミドが含まれているので、肌も水分たっぷりでしっとりとした感触です。しかしいかんせん、歳を重ねる度に肌のセラミド含量はわずかずつ低下します。」と、考えられているらしいです。

本日文献で集めていた情報ですが、「セラミドとは、肌の新陳代謝とともに作り出される“細胞間脂質”のことで、およそ3%の水分を保有し、角質細胞を接着剤のような役目をして接着させる大切な役目を有しています。」と、いわれているそうです。

今日検索で探した限りですが、「コラーゲンが欠乏状態になると皮膚表面が損傷して肌荒れといったトラブルが起こったり、血管内皮細胞が剥がれ落ちることになり出血するケースも見られます。健康を維持するために必須となる物質と言っても過言ではありません。」と、いわれていると、思います。

本日ネットで探した限りですが、「成人の肌のトラブルの要因のほとんどがコラーゲンの量の不足によるものと考えられます。真皮のコラーゲン量は加齢とともに減少し、40代にもなれば20代の時期の5割前後しかコラーゲンを生成できなくなるのが現実です。」だといわれているとの事です。

本日書物で調べた限りでは、「はるか古の美女として後世に語られる女性達がプラセンタを美容や健康とアンチエイジングのために愛用していたそうで、相当昔からプラセンタが美容にかなり効果的なことが広く浸透していたことが感じ取れます。」と、解釈されているらしいです。

私がネットで探した限りですが、「乳液やクリームなどの油分を含む基礎化粧品を控えて化粧水のみ使う方も存在するとのことですが、このケア方法は実は致命的な勘違い。保湿を間違いなくしないために皮脂が多く出る結果になったりニキビが発生したりということになるわけです。」な、公表されているらしいです。

本日書物で集めていた情報ですが、「「美容液はお値段が高いからあまりつけたくない」と言っている方もおられますが、肌に栄養を与えるための美容液を出し惜しみしながら使うなら、最初から化粧品自体を購入しないことを選んだ方が、その人のために良い選択とすら思ってしまいます。」のようにいわれているとの事です。