完全30からのスキンケアマニュアル 改訂版

ヒマなアラフォー主婦がいつまでも若々しさを保つために色々調べたきれいになるための情報を書いています。

今日も、もっちり素肌ケアの事をまとめてみる。

それはそうとこの間、ちょくちょく「化粧水をちょっぴりつけても効果はない」「豪快にたっぷりと使うのが一番」なんてことを耳にしますよね。試してみると確かに潤いを与えるための化粧水は足りないくらいより多く使う方がいいかと思います。」な、いわれているようです。

素人ですが、文献でみてみた情報では、「女の人はいつもスキンケアの基本である化粧水をどんな風に使うのでしょうか?「手で肌になじませる」とうような返事をした方がダントツで多数派という結果が得られ、「コットンを使う派」は予想以上に少数でした。」だと結論されていようです。

ちなみに今日は「化粧水という存在にとって大事な役割は、単純に水分を浸みこませることというよりは、生まれつき肌に備わっている素晴らしい力が間違いなく働けるように、肌の表層の環境をチューニングすることです。」な、提言されているそうです。

今日文献で探した限りですが、「プラセンタを添加した美容液には表皮にある基底層の細胞分裂を加速化する薬効があり、肌の代謝のリズムを健全化させ、気になる顔のシミが目立ちにくくなるなどの効能が見込まれています。」と、いわれているらしいです。

そこで「ここまでの研究の結果、プラセンタという物質には単純な栄養素である栄養成分ばかりにとどまらず、細胞分裂のスピードを正常に調節する作用を持つ成分がもともと含まれていることが発表されています。」と、提言されているとの事です。

なんとなく検索で調べた限りでは、「主婦に人気の美容液とは、美容に効果的な成分を可能なだけ濃くして、高い割合で入れた抽出物で、絶対必要不可欠なものというわけではないと思われますが、使ってみると翌日の肌のハリ具合や瑞々しさの歴然とした差にビックリすることと思います。」のように考えられているそうです。

今日色々みてみた情報では、「初めて使うことになる化粧品はあなたの肌質に悪い影響はないか不安になりますね。そんな場合にトライアルセットを試しに使用するのは、肌質に適合するスキンケア商品を見つける方法としては一番適していると思います。」のように解釈されている模様です。

こうしてまずは「皮膚の表層には、ケラチンという硬タンパク質の一種からできた角質層という膜が存在しています。この角質層を構成している細胞の間を満たしているのが人気の「セラミド」という細胞間脂質の代表的な成分です。」のように結論されていとの事です。

私が書物で調べた限りでは、「セラミドは肌の潤いに代表される保湿の機能を改善したりとか、肌から必要以上に水が蒸散してしまうのをしっかりと防いだり、外部から入る刺激とか汚れや細菌の侵入を阻止する作用をしてくれます。」な、提言されているとの事です。

なんとなく検索でみてみた情報では、「一口に「美容液」と言っても、幅広い種類がありまして、まとめて一言でこれと説明することはちょっと難しいと思いますが、「化粧水と比較するとより多く効く成分がブレンドされている」との意味合い と同じような感じかもしれません。」と、いわれているとの事です。