完全30からのスキンケアマニュアル 改訂版

ヒマなアラフォー主婦がいつまでも若々しさを保つために色々調べたきれいになるための情報を書いています。

なにげなーくうるおい素肌ケアの情報をまとめてみました。

今日文献で調べた限りでは、「人気の美容成分プラセンタが基礎化粧品や健康食品に有用な成分として使われているのはずいぶん知られた事実で、新しい細胞を増やし、新陳代謝の活性化を行う働きによって、美容と健康維持に大きな効果を発揮しています。」のように解釈されていると、思います。

なんとなく色々みてみた情報では、「皮膚の表面にある表皮には、硬いケラチンタンパク質で形成された角質層と呼ばれる一種の膜が存在します。この角質層を形成する細胞の間を埋めるように存在するのが話題の「セラミド」と呼ばれる脂質の一種です。」な、いう人が多いと、思います。

なんとなく文献で集めていた情報ですが、「ここまでの研究によれば、プラセンタの多くの有効成分の中には単に様々な種類の栄養成分だけというのではなく、細胞が分裂する現象を適度な状態に調節する成分がもとから入っていることが発表されています。」と、いわれている模様です。

今日サイトでみてみた情報では、「赤ん坊の肌が潤いに満ちてつやつやとした張りがあるのはヒアルロン酸を大量に含んでいるからなのです。保水する作用に相当優れた物質のヒアルロン酸は、皮膚の潤い感を保つための化粧水や美容液に優れた保湿成分として効果的に使用されています。」と、解釈されている模様です。

なんとなく書物で調べた限りでは、「ことのほか乾燥によりカサついた肌で悩んでいるならば、体内の組織にコラーゲンが十二分にあれば、身体が必要とする水分が維持されますから、乾燥対策ということにもなり得るのです。」のように解釈されているとの事です。

ところで、身体の中では、次々と酵素によるコラーゲンのアミノ酸への分解と新たな合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。年を重ねていくと、この絶妙なバランスが破れ、分解の比率の方が増えてきます。」と、結論されていようです。

私が色々調べた限りでは、「20代の健康な状態の肌にはセラミドが多くあるので、肌も潤いにあふれしっとりした状態です。しかし気持ちとは反対に、年齢に伴って肌のセラミド含有量は減少します。」な、考えられていると、思います。

素人ですが、文献で調べた限りでは、「乳児の肌が水分たっぷりで健康な張りがあるのはヒアルロン酸を豊富に含有しているからだと言えます。水を保持する力が高いヒアルロン酸は、潤いのある肌を守る働きをする化粧水や美容液に保湿成分として配合されています。」のようにいう人が多いらしいです。

なんとなくサイトでみてみた情報では、「コラーゲンというものは柔軟性に優れた繊維状のタンパク質の一種で個々の細胞をつなぎ合わせる役目を果たしますし、高い保水力を持つヒアルロン酸はコラーゲン繊維から構成される網目構造の隙間に存在することにより、水が逃げてしまうことを防ぎます。」だという人が多いそうです。

ところで、セラミドを食べ物やサプリなどの内部からと、美容液などの外部から摂ることを実行することで、効率よく若く理想的な肌へと持っていくことが実現できる思われています。」な、いわれているみたいです。