完全30からのスキンケアマニュアル 改訂版

ヒマなアラフォー主婦がいつまでも若々しさを保つために色々調べたきれいになるための情報を書いています。

本日もあいかわらずつやつや素肌を作る方法についての考えを綴ってみます。

私がサイトで集めていた情報ですが、「よく知られていることとして「高価な化粧水をちまちま使うのは不正解」「たっぷり贅沢に使うのが一番」などと言いますね。その通り明らかに使用する化粧水は十分とは言えない量より十分に使う方が満足のいく効果が得られます。」と、考えられているそうです。

本日文献で集めていた情報ですが、「動物の胎盤から抽出されるプラセンタは化粧品や美容サプリなどに入れられている事実は広く知られていることで、新しい細胞を作って、代謝を高める効能により、美肌や健康維持にその効果を発揮しています。」のように結論されていらしいです。

本日ネットでみてみた情報では、「お肌のタンパク質の約7割がコラーゲンからできていて、細胞間の隙間を充填するように繊維状あるいは膜状に存在しているのです。肌にハリや弾力を保ち、シワの少ない肌を支える真皮の部分を構成する主要成分です。」と、解釈されているそうです。

なんとなくサイトで調べた限りでは、「注意しなければならないのは「少しでも汗が吹き出たままの状態で、お構いなしに化粧水を塗ってしまわない」ようにということ。汗の成分と化粧水が混ざり合うと肌に不快な影響を与える可能性があります。」と、考えられているとの事です。

だから、皮膚の表層には、硬いケラチンタンパク質より作られた強い角質層で覆われた層があります。この角質層内の細胞同士の間を埋めるように存在するのが「セラミド」という名のスフィンゴ脂質という特殊な脂質の一種です。」な、いう人が多いようです。

たとえば今日は「コラーゲンという化合物は伸縮性を持つ繊維状タンパク質の一種で一つ一つの細胞を結び合わせる役目を持ち、保湿成分であるヒアルロン酸は繊維状のコラーゲンの隙間を埋める形で、水分が不十分となることを食い止める働きをします。」だという人が多い模様です。

本日ネットで集めていた情報ですが、「保水力の高いヒアルロン酸はコラーゲンとエラスチンによって形成されたネットワークの間を満たすような形で分布し、水分を抱える働きにより、みずみずしく潤いに満ちたピンとハリのある肌に整えてくれます。」な、提言されているらしいです。

本日検索でみてみた情報では、「皮脂が過剰に分泌される脂性肌の人、常に水分が足りない乾燥肌の人、そして両方を併せ持っている混合肌の人も存在しています。各々のタイプに合った保湿化粧品が販売されているので、あなた自身の肌のタイプにしっかり合っている製品を見極めることが最も大切になります。」のようにいわれているとの事です。

本日サーチエンジンで集めていた情報ですが、「食品から摂取され体内に入ったセラミドは一旦は分解されて他の成分に変わってしまいますが、その成分が皮膚表皮に到達してセラミドの生合成が始まって、角質層内のセラミドの含量がアップしていくという風にいわれているのです。」だという人が多いらしいです。

逆に私は「プラセンタを摂取するようになって代謝が高まったり、肌の色つやが良好になったり、寝起きの状態が爽快になったりと確かな効果を実感しましたが、気になる副作用については一切なかったと思います。」のようにいう人が多いようです。