完全30からのスキンケアマニュアル 改訂版

ヒマなアラフォー主婦がいつまでも若々しさを保つために色々調べたきれいになるための情報を書いています。

やることがないのでツルツル素肌ケアを書いてみた

私が文献で調べた限りでは、「洗顔後に化粧水を肌に塗布する際には、まず適切な量を手のひらに乗せ、温かくするような意識を持って掌いっぱいに伸ばし、顔の表面全体にやさしくそっと溶け込むように馴染ませます。」だという人が多いみたいです。

今日文献でみてみた情報では、「化粧水を顔に使う際に、基本的に100回掌でパッティングするという方法も存在しますが、このような方法はあまりよくありません。肌が弱くトラブルになりやすい方は毛細血管を痛めることになり頬が赤くなる「赤ら顔」の原因の一つになります。」と、いわれているらしいです。

今日検索で調べた限りでは、「原則的に美容液とは、美容や美肌に効果のある成分をできるだけ濃縮して、高い濃度で添加したエッセンスで、誰にとっても間違いなく手放すことができないものではないと思いますが、使ってみたら翌朝の肌の弾力感や瑞々しさの大きな差に驚くことと思います。」と、公表されているようです。

本日文献で調べた限りでは、「天然の保湿成分であるヒアルロン酸は人体の細胞間組織に多く分布していて、健康な美肌のため、保水する能力の維持であるとか吸収剤のように衝撃を緩和する効果を見せ、細胞の一つ一つを保護しています。」だと解釈されているらしいです。

ともあれ今日は「一般的な大人の肌トラブルが起きる原因のほとんどはコラーゲンが足りていないことによるといわれています。皮膚の真皮層のコラーゲン量は年ごとに低下し、40歳代では20歳代の頃と比較して約50%くらいしかコラーゲンを合成することができません。」のように解釈されているみたいです。

なんとなく文献で探した限りですが、「老化によって老けた印象を与えるシワやたるみが肌に生まれてしまう理由は、不可欠の大事な構成成分だと言われるヒアルロン酸の体内の含量が減ってたっぷりと潤った肌を維持することが非常に困難になってしまうからです。」だといわれているようです。

なんとなくサイトでみてみた情報では、「加齢肌へのアンチエイジング対策としては何よりもまず保湿と柔らかな潤いを再び取り戻すことが最も重要なのです。お肌に大量の水分を保有することで、肌にもともと備わっているバリア機能がしっかりと発揮されることになります。」だといわれているとの事です。

今日検索で集めていた情報ですが、「毎日のお手入れに不可欠な化粧水を顔につける際には、まず適切な量を手のひらに乗せ、ゆっくりと温めるような気持ちで手のひら全体に広げ、顔の表面全体に優しいタッチで馴染ませるようにします。」だという人が多いようです。

さて、私は「石鹸などで顔を洗った後は時間がたつごとに化粧水の保湿成分が肌に吸収される割合は減ります。また洗顔料で洗顔した後が一番乾燥するので、なるべく急いで保湿成分のたっぷり入った化粧水を使用しないと乾燥肌が悪化することになります。」だと解釈されているとの事です。

素人ですが、検索で調べた限りでは、「化粧品に関連する色々な情報がたくさん出回っている今日この頃、実のところ貴方の肌に合った化粧品を見つけるのは大変な苦労です。スタートはトライアルセットでちゃんと確かめてみても損はしないでしょう。」だと解釈されているようです。