完全30からのスキンケアマニュアル 改訂版

ヒマなアラフォー主婦がいつまでも若々しさを保つために色々調べたきれいになるための情報を書いています。

今日も、ツルツル素肌を保つケアについて調べています。

素人ですが、色々集めていた情報ですが、「肌への薬理作用が表皮部分だけにとどまらず、真皮層まで届くことがちゃんとできるめったにない抽出物と言えるプラセンタは、表皮の古い角質の剥離を助けることによって新しい白い肌を作り上げてくれるのです。」だという人が多いようです。

素人ですが、書物でみてみた情報では、「結構浸透している高機能成分セラミドは、肌のターンオーバーの過程で生成される“細胞間脂質”を指し、水分を約3%程度保有して、角質の細胞を接着剤のような役割をして結びつける大切な役割を有しているのです。」と、いう人が多いそうです。

私がネットでみてみた情報では、「10〜20歳代の健やかな状態の皮膚にはセラミドが豊富に含まれていて、肌も潤ってきめ細かくしっとりしています。けれども残念ながら、年齢を重ねることで肌のセラミド含量はわずかずつ低下します。」と、解釈されているそうです。

素人ですが、文献で集めていた情報ですが、「理想を言うなら、美容効果を得るにはヒアルロン酸を毎日200mg超飲み続けることが一番なのですが、ヒアルロン酸を含んでいる食品や食材は非常にわずかで、日常の食生活において摂るというのは困難なのです。」のように提言されている模様です。

なんとなく文献でみてみた情報では、「セラミドというのは人の肌の表面にて外から入る攻撃を抑えるバリアの機能を担当し、角質のバリア機能と称される大切な働きをこなす皮膚の角質層に存在するとても重要な成分のことをいいます。」だと提言されていると、思います。

今日サーチエンジンで集めていた情報ですが、「保水力を持つヒアルロン酸が真皮中で水分を豊富に保っているおかげで、外側の世界が種々の変化や緊張感で酷い乾燥状態になることがあっても、肌は直接ダメージを受けずにツルツルした手触りのままのコンディションでいることができるのです。」のように結論されていらしいです。

なんとなく文献でみてみた情報では、「是が非でも美容液を使わなくても、瑞々しい美肌を保ち続けることができれば、何の問題もないと思われますが、「なにか満足できない」などと感じたなら、ふさわしい年齢かどうかは気にせずにトライしてはいかがでしょうか。」のように解釈されているとの事です。

ちなみに今日は「美白ケアの場合に、保湿を忘れずに行うことが肝要であるという件には理由が存在しています。それはわかりやすくいうと、「乾燥したことによって深刻なダメージを被った肌は、紫外線の刺激に敏感になりやすい」ということです。」のように解釈されているようです。

それはそうと今日は「美容成分であるヒアルロン酸は細胞間物質として細胞と細胞の間に多く含まれ、健康的で美しい肌のため、保水力の維持やまるで吸収剤のような効果で、壊れやすい細胞をしっかり保護しています。」と、結論されていそうです。

ようするに私は「水分保持能力のあるヒアルロン酸はコラーゲンおよびエラスチンからできたネットワークの間を満たすように存在していて、水分を抱え込む機能によって、みずみずしく潤いに満ちた若々しいハリのある肌に整えてくれます。」な、解釈されているようです。